湧水一覧

剣山御神水(おしきみず)

まるで剣のような岩が多くそびえ立っている徳島県の剣山。その中には水が湧き出ており、この水は剣山御神水と呼ばれる名水とされています。ここでは、この剣山御神水の成分やアクセス情報、周辺の観光地などについて紹介していきます。

湯船の水(ゆぶねのみず)

香川県にある小豆島という島に存在する湯船の水は名水として知られています。湯船の水は地域住民の貴重な水源であり、古くから大切に利用されてきました。ここでは、この湯船の水の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

杖の淵(じょうのふち)

緑や水が溢れており、地元の人々の憩いの場となっている杖ノ淵公園には、公園名の由来となっている杖ノ淵という名水があります。この名水を求めて、毎年多くの観光客が訪れています。 ここでは、杖ノ淵の成分やアクセス情報などについて紹介していきます。

洞川湧水群(どろがわゆうすいぐん)

日本にはミネラルを豊富に含んだ名水が数多く存在しており、洞川の湧水もそのひとつです。いたるところで名水を採水することができることから全体を称して洞川湧水群と呼びます。ここでは、洞川湧水群の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

野中の清水(のなかのしみず)

野中の清水(のなかのしみず)は「近畿の名水百選」に選ばれている湧水で、和歌山県田辺市中辺路町野中で湧き出しています。ここでは、地域住民の生活を支えてきた歴史ある野中の清水の特徴や、採水地周辺の観光地などについてご紹介します。

紀三井寺の三井水(きみでらのさんせんすい)

関西一桜が早く咲くと言われる紀三井寺。このお寺の中にある三井水と呼ばれる湧き水は、名水としてよく知られています。今回は、この三井水の成分や由来などについて紹介していきます。

霧島山麓丸池湧水(きりしまさんろくまるいけゆうすい)

鹿児島市内からも見える桜島や、温泉などで有名な鹿児島県。カップル客からシニア客まで、この名水を求めて採水地に訪れる方は多く見られます。 ここでは、この霧島山麓丸池湧水の情報や、周辺の観光地などを紹介していきます。

壇鏡の滝湧水 (だんぎょうのたきゆうすい)

日本の秘境100選の一つである壇鏡の滝(だんぎょうのたき)は水量も豊富で、生活用水や農業用水など、古くから広く利用されてきました。ここでは、そんな壇鏡の滝湧水の特徴や周辺の観光地についてご紹介します。

雄町の冷泉(おまちのれいせん)

雄町の冷泉は、古くから地元の人々に使用されてきた名水のひとつです。現代でも昔とあまり変わらない水質を保っており、雄町の冷泉を目当てに現地を訪れる観光客も少なくありません。ここでは、雄町の冷泉の特徴や歴史などについて紹介していきます。

塩釜の冷泉(しおがまのれいせん)

豊かな自然を生かした酪農が有名な蒜山高原には、塩釜の冷泉と呼ばれる名水があります。塩釜の冷泉は現在も同地区内の生活用水として、重要な役割を果たしている名水です。ここでは、この塩釜の冷泉の成分情報やアクセス情報などを紹介していきます。

岩井(いわい)

岡山県には子宝の水や美と健康の水として知られている名水があります。ここでは、「岩井の水」と呼ばれるこの名水に関する情報や周辺の観光地などをご紹介します。

穴の谷の霊水(あなんたんのれいすい)

富山県にある穴の谷の霊水は不純物が少なく、蒸留水にとても近いといわれています。その昔穴の谷で修行をした、広島県呉出身の岡本弘真法尼が「穴の谷の御霊水は八功徳水となり阿弥陀如来の水だ、唯一心に心を以て戴けば万病が治るぞよ」という言葉を残したことがきっかけで、その名が全国に知れ渡るようになりました。 こちらでは、穴の谷の霊水について詳しくご紹介します。

安曇野わさび田湧水群(あづみのわさびだゆうすいぐん)

安曇野は梓川、犀川、高瀬川の3つの川で作られた扇状地全体のことを呼びます。その中で、いたるところから大量の地下水が湧き出している、「安曇野わさび田湧水群」に関する情報及び周辺の観光情報について紹介します。

姫川源流湧水 (ひめかわげんりゅうゆうすい)

白馬村の源流から新潟県を経由して日本海に注ぐ姫川の源流、姫川源流湧水について、由来や周辺観光地域などふまえてご紹介いたします。

御清水(おしょうず)

福井県大野市泉町にある湧水、それが御清水です。清涼で自然な口あたりが評判で、江戸時代にはお殿様のご用水として使われていたことから「殿様清水」の別名もあります。ここでは御清水の水質や特徴をご紹介いたします。

瓜割の滝 (うれわりのたき)

若狭町の人々は、瓜割の滝のある森を、五穀成熟諸病退散の霊験があると水が湧く神聖な「水の森」として敬ってきました。 湧き出し口にはしめ縄が張られ今でも大切に守られています。ここでは、この湧水について周辺の観光地などとあわせてご紹介します。

男池湧水群(おいけゆうすいぐん)

大分県の中南部には、九重連山東麓と呼ばれている山々が存在し、その中に黒岳という山があります。黒岳の北側には名水として知られている男池湧水群が湧出しています。 ここでは、この男池湧水群の由来や採水地周辺の観光情報などを紹介していきます。

宗祇水・白雲水(そうぎすい・はうくんすい)

名水百選の第一号に指定された宗祇水は、この商店街の一角に建てられた祠の下からこんこんと湧き出ており、町並みを通って長良川の支流吉田川に注がれています。宗祇水や周辺の観光スポットなどについてご紹介します。

轟水源(とどろきすいげん)

古くから名水として知られる轟水源(とどろきすいげん)は、『肥後国誌』で肥後国三轟水の1つに数えられ、「清冽の寒泉」と記されています。ここでは、轟水源の採水地や周辺の観光地、名水の由来や味わいなどについてご紹介します。

清水湧水(きよみずゆうすい)

清水湧水(きよみずゆうすい)は数百年にも渡ってお寺の境内にこんこんと湧き続けています。ここでは、昔から霊水として崇められるとともに、人々の生活を支えてきた清水寺の湧き水についてご説明します。