湧水一覧

熊野の清水(ゆやのしみず)

千葉県にある名水として有名な「熊野の清水」は、弘法大師にまつわる伝説が残されている湧水です。のどかな田園地帯が広がっている周辺には、公園や地元で生産されている野菜の直売所などもあり、週末には多くの観光客が訪れる場所となっています。 この記事では、熊野の清水に関する情報を紹介していきます。

清水の湧水(きよみずのゆうすい)

鹿児島県と言えば特有のシラス台地が有名です。このシラス台地の付近には、清水の湧水と呼ばれる名水が湧き出ています。古くから地域住民の生活に影響を与えてきました。 ここでは、この清水の湧水の成分情報やアクセス情報などについて紹介していきます。

お鷹の道・真姿の池湧水群(おたかのみち・ますがたのいけゆうすいぐん)

東京都にある名水のひとつに、お鷹の道・真姿の池湧水群(おたかのみち・ますがたのいけゆうすいぐん)というものがあります。このお鷹の道・真姿の池湧水群は多摩川の国分寺崖線沿いにある名水脈で、都内にある2つの名水百選のひとつです。 ここでは、お鷹の道・真姿の池湧水群の特徴や由来などについてご説明します。

八ヶ岳南麓高原湧水群 (やつがたけなんろくこうげんゆうすいぐん)

山梨県北杜市長坂町と小淵沢町に点在する湧水群が、八ヶ岳南麓高原湧水群です。大小いくつもある湧水地の中でも有名なのは、「三分一湧水」、「女取湧水」、「大滝湧水」の3つです。それぞれの由来や魅力を紹介していきましょう。

養老の滝・菊水泉(ようろうのたき・きくすいせん)

養老の滝・菊水泉は、養老神社の境内から湧き続けている良質な天然水で、菊水泉には、この水を飲むことで若返るという伝説があります。ここでは、神秘的な言い伝えのある、養老の滝・菊水泉についてご紹介します。

八溝川湧水群 (やみぞがわゆうすいぐん)

茨城県にある名水のひとつに、八溝川湧水群(やみぞがわゆうすいぐん)という水戸光圀公に縁ある湧水地があります。ここでは、その歴史や水の特徴、周辺の観光地等をご紹介します。

泉神社湧水(いずみじんじゃゆうすい)

日本百名山のひとつ、伊吹山を源とする湧水として有名なのが、「泉神社湧水」です。名水百選にも選ばれた泉神社湧水は、伝統ある由緒正しい水として知られています。泉神社湧水の由来や成分、採水地へのアクセス情報などをご紹介します。

十王村の水 (じゅうおうむらのみず)

名水地の中には古くから信仰されている地も存在しており、十王村もそのひとつです。十王村で採水される水は現代でも飲用に適しているため、付近の住民の貴重な生活用水としても機能しています。この十王村の水の特徴や歴史などについて紹介していきます。

恵利原の水穴・天の岩戸(えりはらのみずあな・あまのいわと)

恵利原の水穴(えりはらのみずあな)は、別名「天の岩戸(あまのいわと)」とも呼ばれており、有名な伝説の地として知られています。伝説の地の名水と周辺の観光地についてご紹介します。

ナイベツ川湧水(ないべつがわゆうすい)

北海道には支笏湖を源流とする千歳川の支流、十二河川が流れています。その中のひとつにナイベツ川湧水(ないべつがわゆうすい)があり、北海道の名水として千歳市の西郊を流れています。ここでは、ナイベツ川湧水について詳しく紹介していきます。

小野川湧水(おのがわゆうすい)

福島県の中央部にある小野川湖の水源は西吾妻山麓の湧水群であり、この湧水群は小野川湧水群と呼ばれています。 この記事では、小野川湧水の詳細と周辺の観光情報について紹介します。

月山山麓湧水群(がっさんさんろくゆうすいぐん)

月山山麓湧水群は豊かな資源に育まれた雪解け水。ここでは、月山山麓湧水群の由来や採水地情報、水の成分などについて紹介していきます。

力水(ちからみず)

秋田県の力水は市街地中心部で採水できる名水として、地域に根ざしています。ここでは、多くの人々に愛されている力水の特徴や由来、周辺の観光地についてご紹介します。

六郷湧水群(ろくごうゆうすいぐん)

六郷湧水群は奥羽山脈と出羽山地に挟まれた盆地に存在しています。 ここでは、この六郷湧水群の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

金沢清水(かなざわしみず)

金沢清水は岩手県八幡平市松尾寄木にある7ヶ所の湧水群の総称であり、別名「座頭清水湧水群」と呼ばれています。 この記事では、金沢清水に関する情報とその周辺の観光情報についてご紹介します。

甘露泉水(かんろせんすい)

日本には、百選に名を連ねる有名な名水から、名も無き湧き水や井戸にいたるまで、全国津々浦々名水と呼ばれる自然水が存在します。 ここでは、北海道の利尻山に湧き出す名水、甘露泉水について、その特徴や味わいをご紹介します。

磐梯西山麓湧水群 (ばんだいさんにしさんろくゆうすいぐん)

福島県の磐梯山西側に連なる山麓一帯には、多くの湧水源があることで知られています。 磐梯西山麓湧水群と呼ばれる湧水群の中でも代表的な「瀧ヶ沢湧水」の由来や歴史、採水地情報などを紹介していきます。

桂葉清水(かつらはしみず)

地元の人々に「かつらっぱ」と呼ばれ古くから親しまれている桂葉清水(かつらはしみず)は、高清水町の七清水の代表とも言える存在です。ここでは桂葉清水の特徴や歴史などについて詳しくご紹介します。

柿田川湧水群(かきたがわゆうすいぐん)

柿田川の湧水群は、「21世紀に残したい日本の自然百景」に認定され、「日本三大清流」としても有名であり、水量が豊富なことや水質が良いことから、ウォーターサーバー用の飲料水などに使用されています。この柿田川湧水群で採水された水の特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

渾神の清水 (いがみのしつこ)

本州の最北端に位置し、雪深く豊富な自然があるというイメージが強い青森県に「渾神の清水」という名水があります。 ここでは渾神の清水の成分や、アクセス方法などをご紹介します。