河川一覧

四万十川(しまんとがわ)

四万十川は、全長196キロメートル、流域面積2279平方キロメートル、支流総数319という大清流です。ここでは、流域の美しい景観と澄んだ清水に恵まれ、日本三大清流とも呼ばれる四万十川の名水をご紹介いたします。

広瀬川(ひろせがわ)

仙台市街地の中心部を流れる都市河川でありながら、美しい景観を残しており、多くの貴重な動植物の生息空間にもなっている広瀬川。 仙台市のシンボルとして人々に愛されているこの名水の特徴や周辺の観光地などについてご紹介します。

木曽川(きそがわ)

名水百選にも選ばれた「木曽川」の水の成分や由来、周辺の観光地などをご紹介します。

布引渓流(ぬのびきけいりゅう)

竜神伝説などの逸話などが多く残されている有名な地である布引渓流の水の特徴についてご紹介します。

白山川 (はくさんがわ)

大分県の南部に位置している豊後大野市。ゲンジボタルの生息地として知られているこの町に白山川と呼ばれている名水があるのはご存知ですか? ここでは白山川の水の特徴や、付近の観光情報などについて紹介していきます。

御岳渓流(みたけけいりゅう)

東京と言えば高層ビルやマンションなどを思い浮かべる方が多くいますが、東京にも自然が残されている地域は数多くあります。御岳渓谷はその中のひとつであり、この渓谷を流れている水は名水として知られています。 ここでは、この御岳渓谷の水の成分情報や、アクセス情報などについて紹介していきます。

屋久島宮之浦岳流水(やくしまみやのうらだけりゅうすい)

樹齢の長い木々や珍しい植物など見どころの多い屋久島ですが、屋久島宮之浦流水と呼ばれている名水も屋久島の見どころのひとつです。 ここでは、屋久島宮之浦流水の特徴や味わいなどについて紹介していきます。

洒水の滝・滝沢川(しゃすいのたき・たきざわがわ)

洒水の滝(しゃすいのたき)は、神奈川県を流れる滝沢川(たきざわがわ)にある滝です。最寄駅から滝まではハイキングコースになっており、この関東の名瀑の景観と湧出る清水を求める多くの人が訪れます。ここでは、洒水の滝・滝沢川の名水や周辺の観光地などについてご紹介します。

千種川(ちくさがわ)

近畿の名水百選とされている千種川の水源は兵庫県と岡山県と鳥取県の県境に位置する、標高1098mの江浪峠にあります。その千種川の水に関する情報や周辺の観光地についてご紹介します。

太田川・中流域(おおたがわ・ちゅうりゅういき)

広島県の太田川は美しい景観と豊富な水量で、現在も人々の生活に深く関わる川です。地元の人々にとっては馴染み深いものであると同時に多くの観光客や釣り人が訪れる場所でもあります。そんな太田川の名水にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

白州 ・ 尾白川(はくしゅう・おじらがわ)

山梨県北杜市(ほくとし)には日本名水百選に選ばれた湧水地が3か所もあります。ここでは、この中の一つである、白州・尾白川(おじらがわ)の名水をご紹介いたします。

菊池水源(きくちすいげん)

熊本県は、雄大な阿蘇山が育んだ天然水の宝庫です。中でも熊本県北最大の河川である菊池川の水源である菊池水源は、手付かずの自然が生み出した最高の天然水として知られています。 菊池水源とはどんな水なのか、採水地の周辺情報も交えてご紹介します。

鵜の瀬(うのせ)

鵜の瀬は福井県小浜市に流れる遠敷川の中流に位置する淵です。古くからの言い伝えも多く、非常に幽玄な雰囲気を持つ名水です。そんな趣のある鵜の瀬の魅力をご紹介していきましょう。

寂地川 (じゃくちがわ)

寂地川は山口県、島根県、広島県の3県にまたがっている寂地山の谷川です。古くから寂地川の水は近隣住民の生活用水として使用されてきました。ここでは、寂地川の水としての特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

清水川 (きよみずがわ)

佐賀県には祇園川という河川がありますが、その中の一つが清水川です。清水川を流れる水は国内でも有数の名水として知られており、源流部は県立自然公園に指定されています。 ここでは、清水川の飲み水としての特徴や歴史などについて紹介していきます。

轟渓流(とどろきけいりゅう)

轟渓流の水は現在でも生活用水などの水源として利用されており、古くから地元の人々にとっては欠かすことのできない存在でした。 ここでは、この轟渓流の飲み水としての特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)は、清水を抱く原生林と合わせてその価値の高さが全国に認められています。ここでは、有田焼の里に流れる広瀬川と、住民に大切に守られている自然についてご紹介します。

綾川湧水群(あやがわゆうすいぐん)

宮崎県の南部にある綾町には、綾川という川が流れています。この川は本庄川を経て大淀川へと合流していきますが、この綾川を形成している湧水は綾川湧水群と呼ばれています。 ここでは、この綾川湧水群の由来や、水の特徴などについて紹介していきます。

長良川・中流域(ながらがわ・ちゅうりゅういき)

日本で唯一の御用鵜飼を行っている場所でもあり、毎年鵜飼を見物するために多くの観光客が訪れる長良川。そんな長良川のお水についてご紹介します。