水の郷百選一覧

清水の湧水(きよみずのゆうすい)

鹿児島県と言えば特有のシラス台地が有名です。このシラス台地の付近には、清水の湧水と呼ばれる名水が湧き出ています。古くから地域住民の生活に影響を与えてきました。 ここでは、この清水の湧水の成分情報やアクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む

六郷湧水群(ろくごうゆうすいぐん)

六郷湧水群は奥羽山脈と出羽山地に挟まれた盆地に存在しています。 ここでは、この六郷湧水群の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む

天の真名井(あめのまない)

遠い昔から絶えず湧出している天の真名井(あめのまない)は、地域住民の生活に不可欠な水として、そして、住民のふれあいの水辺として親しまれ、大切に守られています。ここでは、この名水の特徴や採水地周辺の観光地などについてご紹介します。

記事を読む

安曇野わさび田湧水群(あづみのわさびだゆうすいぐん)

安曇野は梓川、犀川、高瀬川の3つの川で作られた扇状地全体のことを呼びます。その中で、いたるところから大量の地下水が湧き出している、「安曇野わさび田湧水群」に関する情報及び周辺の観光情報について紹介します。

記事を読む

御清水(おしょうず)

福井県大野市泉町にある湧水、それが御清水です。清涼で自然な口あたりが評判で、江戸時代にはお殿様のご用水として使われていたことから「殿様清水」の別名もあります。ここでは御清水の水質や特徴をご紹介いたします。

記事を読む

瓜割の滝 (うれわりのたき)

若狭町の人々は、瓜割の滝のある森を、五穀成熟諸病退散の霊験があると水が湧く神聖な「水の森」として敬ってきました。 湧き出し口にはしめ縄が張られ今でも大切に守られています。ここでは、この湧水について周辺の観光地などとあわせてご紹介します。

記事を読む

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)とは長崎県島原市(しまばらし)一帯に点在している50カ所にものぼる湧水地の総称です。ここでは、「水の都」島原と、島原の名水についてご紹介します。

記事を読む

瓜裂の清水(うりわりのしょうず)

旧庄川町は、平成8年に国土庁(現在の国土交通省)によって「水の郷百選」に選ばれ、「水を活かしたまちづくり」で優れた成果をあげている町です。ここでは、この町の名水スポットの一つである瓜裂清水の特徴や周辺の観光地についてご紹介します。

記事を読む