清水湧水(きよみずゆうすい)

清水湧水(きよみずゆうすい)は数百年にも渡ってお寺の境内にこんこんと湧き続けています。ここでは、昔から霊水として崇められるとともに、人々の生活を支えてきた清水寺の湧き水についてご説明します。

寂地川 (じゃくちがわ)

寂地川は山口県、島根県、広島県の3県にまたがっている寂地山の谷川です。古くから寂地川の水は近隣住民の生活用水として使用されてきました。ここでは、寂地川の水としての特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

別府弁天池湧水(べっぷべんてんいけゆうすい)

山口県にある名水のひとつに、「別府弁天池湧水(べっぷべんてんいけゆうすい)」があり、この水には、飲んだものは財に恵まれて長生きできるという言い伝えが残されています。ここでは、別府弁天池湧水の特徴や周辺の観光地などについてご紹介します。

観音水(かんのんすい)

四国には名水と呼ばれている水がいくつかありますが、愛媛県の観音水もその一つです。観光客が採水地を訪れることも珍しくありません。 ここでは、観音水の水としての特徴や、歴史などについて紹介していきます。

今出川清水 ・出合清水(いまでがわしみず・であいしみず)

日本全国には景勝地として知られている名水地が存在します。今出川清水はその代表的な例であり、採水地付近の景観が良いため、多くの観光客が訪れます。ここでは、今出川清水の特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

清水川 (きよみずがわ)

佐賀県には祇園川という河川がありますが、その中の一つが清水川です。清水川を流れる水は国内でも有数の名水として知られており、源流部は県立自然公園に指定されています。 ここでは、清水川の飲み水としての特徴や歴史などについて紹介していきます。

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)とは長崎県島原市(しまばらし)一帯に点在している50カ所にものぼる湧水地の総称です。ここでは、「水の都」島原と、島原の名水についてご紹介します。

轟渓流(とどろきけいりゅう)

轟渓流の水は現在でも生活用水などの水源として利用されており、古くから地元の人々にとっては欠かすことのできない存在でした。 ここでは、この轟渓流の飲み水としての特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)は、清水を抱く原生林と合わせてその価値の高さが全国に認められています。ここでは、有田焼の里に流れる広瀬川と、住民に大切に守られている自然についてご紹介します。

竹田湧水群(たけだゆうすいぐん)

竹田湧水群は、大分県の南西部にある巨大な湧水群です。水質が良いことから飲料用としても問題がなく、地域の名水として知られています。 ここでは、この竹田湧水群の水の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

立山玉殿の湧水(たてやまたまどのゆうすい)

立山は、日本三名山ならびに日本三霊山の1つとして富山県が誇る名峰です。登山客や観光客の喉を潤し続けています。ここでは、日本一高い場所で採水される湧水として知られている「立山玉殿の湧水」についてご紹介します。

瓜裂の清水(うりわりのしょうず)

旧庄川町は、平成8年に国土庁(現在の国土交通省)によって「水の郷百選」に選ばれ、「水を活かしたまちづくり」で優れた成果をあげている町です。ここでは、この町の名水スポットの一つである瓜裂清水の特徴や周辺の観光地についてご紹介します。

御手洗池(みたらしいけ)

豊かな自然に囲まれた「御手洗池」をご存知でしょうか。名水百選にも選ばれるほど水質のよいこの池は、さまざまな伝説を持つ神秘的な場所です。ここでは、御手洗池へのアクセスや由来、周辺の観光スポットについてご紹介します。

弘法池の水 (こうぼういけのみず)

みなさんは、昭和の名水百選にも選ばれた石川県の名水、「弘法池の水」をご存知でしょうか?ここでは、弘法池の水の成分やアクセス、周辺の観光地についてご紹介します。

池山水源 (いけやますいげん)

皆さんは熊本県の北東部に位置する池山水源をご存知ですか?水量が豊富であることや水質が優れていることから、阿蘇の名水として知られています。 ここでは、この池山水源の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

出の山湧水(いでのやまゆうすい)

宮崎県の南部には、霧島温泉などで有名な霧島山麓があります。この霧島山麓を貯水源としている出の山湧水という名水をご存じでしょうか。 ここでは、この出の山湧水のアクセス方法や成分情報などについて紹介していきます。

綾川湧水群(あやがわゆうすいぐん)

宮崎県の南部にある綾町には、綾川という川が流れています。この川は本庄川を経て大淀川へと合流していきますが、この綾川を形成している湧水は綾川湧水群と呼ばれています。 ここでは、この綾川湧水群の由来や、水の特徴などについて紹介していきます。

古和秀水(こわしゅうど)

奥能登の名水、「古和秀水」をご存知でしょうか。輪島市にある曹洞宗の総持寺祖院や地元の人々に大切にされており、仏前の献茶などに供されている湧水です。ここでは、この古和秀水の特徴について紹介していきます。

猿庫の泉(さるくらのいずみ)

お茶に適した水と言われている猿庫の泉の特徴や採水地周辺の観光地などについてご紹介します。

長良川・中流域(ながらがわ・ちゅうりゅういき)

日本で唯一の御用鵜飼を行っている場所でもあり、毎年鵜飼を見物するために多くの観光客が訪れる長良川。そんな長良川のお水についてご紹介します。