屋久島宮之浦岳流水(やくしまみやのうらだけりゅうすい)

樹齢の長い木々や珍しい植物など見どころの多い屋久島ですが、屋久島宮之浦流水と呼ばれている名水も屋久島の見どころのひとつです。 ここでは、屋久島宮之浦流水の特徴や味わいなどについて紹介していきます。

垣花樋川 (かきのはなひーじゃー)

「垣花樋川(かきのはなひーじゃー)」は1985年に名水百選に選ばれました。また、垣花樋川は名水百選に選定されている名水の中で、最南端に存在する水にあたります。ここでは、垣花樋川の由来や周辺の観光スポットなどをご紹介します。

羊蹄のふきだし湧水(ようていのふきだしゆうすい)

「羊蹄のふきだし湧水(ようていのふきだしゆうすい)」は、昭和60年に「日本名水百選」にも選ばれた、品質の良いミネラルウォーターです。ここでは、羊蹄のふきだし湧水の由来や成分、周辺の観光スポットなどをご紹介します。

安徳水(あんとくすい)

高知県の北部には横倉山と呼ばれている山があり、この山は学術的にも貴重であるとされており、「安徳水」と呼ばれる名水が湧き出ています。 ここでは、この安徳水の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

出流原弁天池湧水(いずるはらべんてんいけゆうすい)

自然から湧き出した水には、現代人に不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。 名水百選には日本各地の湧水が登録されており、現地に赴いて採水することができるところもあります。ここでは、栃木県の名水出流原弁天池湧水についてご紹介します。

箱島湧水(はこしまゆうすい)

箱島湧水(はこしまゆうすい)は、箱島不動尊(箱島不動堂)の脇に立つ樹齢500年とも言われる大杉の根本から湧き出す名水です。ここでは、この名水にまつわる伝説や水の特徴、周辺の観光地などについてご紹介します。

風布川 ・ 日本水(ふうっぷがわ・やまとすい)

古来枯れたことがないと言われている「日本水」(やまとすい)は、子授けや不老長寿の霊水として広く知られており、この日本水を源のひとつとして風布川(ふうっぷがわ)が形成されています。 ここでは、風布川と日本水の由来や歴史、採水地の周辺情報などを紹介していきます。

秦野盆地湧水群(はだのぼんちゆうすいぐん)

神奈川県西部に位置する秦野市には、水無川、金目川、葛葉川などの清流が形成した扇状地があります。この扇状地にいくつも湧き出ている水は秦野盆地湧水群と呼ばれており、県内では名水として知られています。 ここでは、この秦野盆地湧水群の水としての特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

洒水の滝・滝沢川(しゃすいのたき・たきざわがわ)

洒水の滝(しゃすいのたき)は、神奈川県を流れる滝沢川(たきざわがわ)にある滝です。最寄駅から滝まではハイキングコースになっており、この関東の名瀑の景観と湧出る清水を求める多くの人が訪れます。ここでは、洒水の滝・滝沢川の名水や周辺の観光地などについてご紹介します。

竜ヶ窪の水 (りゅうがくぼのみず)

おいしい水が豊富と言われる米どころ新潟には、名水と呼ばれる湧き水を飲むことができる場所が多くあり、地元の人だけでなく観光客なども多く訪れています。 決して水が濁ることがないとも言われる竜ヶ窪の水は、そんな名水が多い新潟の中でも非常に人気の高い水です。 今回は、竜ヶ窪の水について紹介します。

黒部川扇状地湧水群(くろべがわせんじょうちゆうすいぐん)

3000m級の北アルプス山脈が連なる富山県は、湧水の豊富な地域であるため「水の王国」と呼ばれています。中でも黒部川扇状地湧水は、おいしく良質な湧水として、産業や地域住民の生活を支えています。 ここでは、この黒部川扇状地湧水の成分やアクセス情報などについて紹介していきます。

天の真名井(あめのまない)

遠い昔から絶えず湧出している天の真名井(あめのまない)は、地域住民の生活に不可欠な水として、そして、住民のふれあいの水辺として親しまれ、大切に守られています。ここでは、この名水の特徴や採水地周辺の観光地などについてご紹介します。

桜井戸(さくらいど)

万葉集にも登場する山口県岩国市には、桜井戸と呼ばれる名水があります。桜井戸はこの地域の灌漑用水として利用されているほか、お茶会などの水としても使われています。ここでは、桜井戸の名水としての特徴をご紹介します。

杜々の森湧水(とどのもりゆうすい)

杜々の森湧水(とどのもりゆうすい)は、昔から飲料水や灌漑用水として地域住民の生活を支えてきました。現在も雪国・新潟の融雪に使われるなど、地域に密着して活用されています。ここでは、聖域の湧水杜々の森湧水の特徴と、湧水地周辺の観光スポットなどをご紹介します。

千種川(ちくさがわ)

近畿の名水百選とされている千種川の水源は兵庫県と岡山県と鳥取県の県境に位置する、標高1098mの江浪峠にあります。その千種川の水に関する情報や周辺の観光地についてご紹介します。

江川の湧水(えがわのゆうすい)

徳島県の「江川」は、吉野川市を流れる一級河川「吉野川」水系の支流です。この江川の水は「江川の湧水(えがわのゆうすい)」と呼ばれ、全国的にも極めてめずらしい性質を持っています。ここではこの名水の特徴や周辺の観光情報などについてご紹介します。

剣山御神水(おしきみず)

まるで剣のような岩が多くそびえ立っている徳島県の剣山。その中には水が湧き出ており、この水は剣山御神水と呼ばれる名水とされています。ここでは、この剣山御神水の成分やアクセス情報、周辺の観光地などについて紹介していきます。

湯船の水(ゆぶねのみず)

香川県にある小豆島という島に存在する湯船の水は名水として知られています。湯船の水は地域住民の貴重な水源であり、古くから大切に利用されてきました。ここでは、この湯船の水の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

うちぬき

健康や美容への意識が高まる中、安全で体によく、おいしい水を飲みたいというニーズが増えています。 ここでは、名水の宝庫として知られる四国の愛媛県から、「うちぬき」をご紹介します。

杖の淵(じょうのふち)

緑や水が溢れており、地元の人々の憩いの場となっている杖ノ淵公園には、公園名の由来となっている杖ノ淵という名水があります。この名水を求めて、毎年多くの観光客が訪れています。 ここでは、杖ノ淵の成分やアクセス情報などについて紹介していきます。