熊本県の名水・湧水・銘水一覧

環境省が昭和60年に認定した『昭和の名水百選』の中から、熊本県にある名水をご紹介しております。

白川水源 (しらかわすいげん)

熊本県には白川という一級河川が流れています。源流を流れる水は名水として知られており、現在でも飲用することができるほど綺麗な水質が保たれています。 ここでは、この白川水源の水の特徴や歴史などについて紹介していきます。

菊池水源(きくちすいげん)

熊本県は、雄大な阿蘇山が育んだ天然水の宝庫です。中でも熊本県北最大の河川である菊池川の水源である菊池水源は、手付かずの自然が生み出した最高の天然水として知られています。 菊池水源とはどんな水なのか、採水地の周辺情報も交えてご紹介します。

轟水源(とどろきすいげん)

古くから名水として知られる轟水源(とどろきすいげん)は、『肥後国誌』で肥後国三轟水の1つに数えられ、「清冽の寒泉」と記されています。ここでは、轟水源の採水地や周辺の観光地、名水の由来や味わいなどについてご紹介します。

池山水源 (いけやますいげん)

皆さんは熊本県の北東部に位置する池山水源をご存知ですか?水量が豊富であることや水質が優れていることから、阿蘇の名水として知られています。 ここでは、この池山水源の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。