九州の名水・湧水・銘水一覧

環境省が昭和60年に認定した『昭和の名水百選』の中から、九州地方にある名水をご紹介しております。

清水の湧水(きよみずのゆうすい)

鹿児島県と言えば特有のシラス台地が有名です。このシラス台地の付近には、清水の湧水と呼ばれる名水が湧き出ています。古くから地域住民の生活に影響を与えてきました。 ここでは、この清水の湧水の成分情報やアクセス情報などについて紹介していきます。

不老水(ふろうすい)

日本3大名水の一つ、福岡県の不老水。不老水は古くから水質の良さが評価されており、信仰されると共に水源としても利用されてきました。 ここでは、この不老水の歴史やアクセス情報などについて紹介していきます。

白山川 (はくさんがわ)

大分県の南部に位置している豊後大野市。ゲンジボタルの生息地として知られているこの町に白山川と呼ばれている名水があるのはご存知ですか? ここでは白山川の水の特徴や、付近の観光情報などについて紹介していきます。

白川水源 (しらかわすいげん)

熊本県には白川という一級河川が流れています。源流を流れる水は名水として知られており、現在でも飲用することができるほど綺麗な水質が保たれています。 ここでは、この白川水源の水の特徴や歴史などについて紹介していきます。

屋久島宮之浦岳流水(やくしまみやのうらだけりゅうすい)

樹齢の長い木々や珍しい植物など見どころの多い屋久島ですが、屋久島宮之浦流水と呼ばれている名水も屋久島の見どころのひとつです。 ここでは、屋久島宮之浦流水の特徴や味わいなどについて紹介していきます。

霧島山麓丸池湧水(きりしまさんろくまるいけゆうすい)

鹿児島市内からも見える桜島や、温泉などで有名な鹿児島県。カップル客からシニア客まで、この名水を求めて採水地に訪れる方は多く見られます。 ここでは、この霧島山麓丸池湧水の情報や、周辺の観光地などを紹介していきます。

男池湧水群(おいけゆうすいぐん)

大分県の中南部には、九重連山東麓と呼ばれている山々が存在し、その中に黒岳という山があります。黒岳の北側には名水として知られている男池湧水群が湧出しています。 ここでは、この男池湧水群の由来や採水地周辺の観光情報などを紹介していきます。

菊池水源(きくちすいげん)

熊本県は、雄大な阿蘇山が育んだ天然水の宝庫です。中でも熊本県北最大の河川である菊池川の水源である菊池水源は、手付かずの自然が生み出した最高の天然水として知られています。 菊池水源とはどんな水なのか、採水地の周辺情報も交えてご紹介します。

轟水源(とどろきすいげん)

古くから名水として知られる轟水源(とどろきすいげん)は、『肥後国誌』で肥後国三轟水の1つに数えられ、「清冽の寒泉」と記されています。ここでは、轟水源の採水地や周辺の観光地、名水の由来や味わいなどについてご紹介します。

清水湧水(きよみずゆうすい)

清水湧水(きよみずゆうすい)は数百年にも渡ってお寺の境内にこんこんと湧き続けています。ここでは、昔から霊水として崇められるとともに、人々の生活を支えてきた清水寺の湧き水についてご説明します。

清水川 (きよみずがわ)

佐賀県には祇園川という河川がありますが、その中の一つが清水川です。清水川を流れる水は国内でも有数の名水として知られており、源流部は県立自然公園に指定されています。 ここでは、清水川の飲み水としての特徴や歴史などについて紹介していきます。

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)

島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)とは長崎県島原市(しまばらし)一帯に点在している50カ所にものぼる湧水地の総称です。ここでは、「水の都」島原と、島原の名水についてご紹介します。

轟渓流(とどろきけいりゅう)

轟渓流の水は現在でも生活用水などの水源として利用されており、古くから地元の人々にとっては欠かすことのできない存在でした。 ここでは、この轟渓流の飲み水としての特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)

竜門の清水(りゅうもんのせいすい)は、清水を抱く原生林と合わせてその価値の高さが全国に認められています。ここでは、有田焼の里に流れる広瀬川と、住民に大切に守られている自然についてご紹介します。

竹田湧水群(たけだゆうすいぐん)

竹田湧水群は、大分県の南西部にある巨大な湧水群です。水質が良いことから飲料用としても問題がなく、地域の名水として知られています。 ここでは、この竹田湧水群の水の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

池山水源 (いけやますいげん)

皆さんは熊本県の北東部に位置する池山水源をご存知ですか?水量が豊富であることや水質が優れていることから、阿蘇の名水として知られています。 ここでは、この池山水源の特徴やアクセス情報などについて紹介していきます。

出の山湧水(いでのやまゆうすい)

宮崎県の南部には、霧島温泉などで有名な霧島山麓があります。この霧島山麓を貯水源としている出の山湧水という名水をご存じでしょうか。 ここでは、この出の山湧水のアクセス方法や成分情報などについて紹介していきます。

綾川湧水群(あやがわゆうすいぐん)

宮崎県の南部にある綾町には、綾川という川が流れています。この川は本庄川を経て大淀川へと合流していきますが、この綾川を形成している湧水は綾川湧水群と呼ばれています。 ここでは、この綾川湧水群の由来や、水の特徴などについて紹介していきます。