関東の名水・湧水・銘水一覧

環境省が昭和60年に認定した『昭和の名水百選』の中から、関東地方にある名水をご紹介しております。

熊野の清水(ゆやのしみず)

千葉県にある名水として有名な「熊野の清水」は、弘法大師にまつわる伝説が残されている湧水です。のどかな田園地帯が広がっている周辺には、公園や地元で生産されている野菜の直売所などもあり、週末には多くの観光客が訪れる場所となっています。 この記事では、熊野の清水に関する情報を紹介していきます。

記事を読む

お鷹の道・真姿の池湧水群(おたかのみち・ますがたのいけゆうすいぐん)

東京都にある名水のひとつに、お鷹の道・真姿の池湧水群(おたかのみち・ますがたのいけゆうすいぐん)というものがあります。このお鷹の道・真姿の池湧水群は多摩川の国分寺崖線沿いにある名水脈で、都内にある2つの名水百選のひとつです。 ここでは、お鷹の道・真姿の池湧水群の特徴や由来などについてご説明します。

記事を読む

八溝川湧水群 (やみぞがわゆうすいぐん)

茨城県にある名水のひとつに、八溝川湧水群(やみぞがわゆうすいぐん)という水戸光圀公に縁ある湧水地があります。ここでは、その歴史や水の特徴、周辺の観光地等をご紹介します。

記事を読む

雄川堰(おがわぜき)

雄川堰(おがわぜき)は、群馬県甘楽郡甘楽町小幡の城下町に造られた用水路です。稲含山から流れる一級河川である雄川を水源とし、小幡地区北方の水田地域を潤しています。 ここでは、その雄川堰の水としての特徴についてご案内しましょう。

記事を読む

尚仁沢湧水(しょうじんざわゆうすい)

栃木県にある名水のひとつに、尚仁沢湧水があります。この名水の採水地には毎日多くの人が名水を求めて訪れており、一日に65,000トンもの豊富な水の恵みが人々を迎えています。ここでは、尚仁沢湧水の特徴や周辺の観光地などについてご紹介します。

記事を読む

御岳渓流(みたけけいりゅう)

東京と言えば高層ビルやマンションなどを思い浮かべる方が多くいますが、東京にも自然が残されている地域は数多くあります。御岳渓谷はその中のひとつであり、この渓谷を流れている水は名水として知られています。 ここでは、この御岳渓谷の水の成分情報や、アクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む

出流原弁天池湧水(いずるはらべんてんいけゆうすい)

自然から湧き出した水には、現代人に不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。 名水百選には日本各地の湧水が登録されており、現地に赴いて採水することができるところもあります。ここでは、栃木県の名水出流原弁天池湧水についてご紹介します。

記事を読む

箱島湧水(はこしまゆうすい)

箱島湧水(はこしまゆうすい)は、箱島不動尊(箱島不動堂)の脇に立つ樹齢500年とも言われる大杉の根本から湧き出す名水です。ここでは、この名水にまつわる伝説や水の特徴、周辺の観光地などについてご紹介します。

記事を読む

風布川 ・ 日本水(ふうっぷがわ・やまとすい)

古来枯れたことがないと言われている「日本水」(やまとすい)は、子授けや不老長寿の霊水として広く知られており、この日本水を源のひとつとして風布川(ふうっぷがわ)が形成されています。 ここでは、風布川と日本水の由来や歴史、採水地の周辺情報などを紹介していきます。

記事を読む

秦野盆地湧水群(はだのぼんちゆうすいぐん)

神奈川県西部に位置する秦野市には、水無川、金目川、葛葉川などの清流が形成した扇状地があります。この扇状地にいくつも湧き出ている水は秦野盆地湧水群と呼ばれており、県内では名水として知られています。 ここでは、この秦野盆地湧水群の水としての特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む