中部地方の名水・湧水・銘水一覧

環境省が昭和60年に認定した『昭和の名水百選』の中から、中部地方にある名水をご紹介しております。

八ヶ岳南麓高原湧水群 (やつがたけなんろくこうげんゆうすいぐん)

山梨県北杜市長坂町と小淵沢町に点在する湧水群が、八ヶ岳南麓高原湧水群です。大小いくつもある湧水地の中でも有名なのは、「三分一湧水」、「女取湧水」、「大滝湧水」の3つです。それぞれの由来や魅力を紹介していきましょう。

記事を読む

智積養水(ちしゃくようすい)

三重県の有名な観光スポットのひとつ、「智積養水」。この名水は鯉が泳ぐほど綺麗な水と比喩されることもあり、綺麗な水を見ることを目的として訪れる観光客も少なくありません。この智積養水の成分や周辺の観光情報などについて紹介していきます。

記事を読む

養老の滝・菊水泉(ようろうのたき・きくすいせん)

養老の滝・菊水泉は、養老神社の境内から湧き続けている良質な天然水で、菊水泉には、この水を飲むことで若返るという伝説があります。ここでは、神秘的な言い伝えのある、養老の滝・菊水泉についてご紹介します。

記事を読む

恵利原の水穴・天の岩戸(えりはらのみずあな・あまのいわと)

恵利原の水穴(えりはらのみずあな)は、別名「天の岩戸(あまのいわと)」とも呼ばれており、有名な伝説の地として知られています。伝説の地の名水と周辺の観光地についてご紹介します。

記事を読む

木曽川(きそがわ)

名水百選にも選ばれた「木曽川」の水の成分や由来、周辺の観光地などをご紹介します。

記事を読む

柿田川湧水群(かきたがわゆうすいぐん)

柿田川の湧水群は、「21世紀に残したい日本の自然百景」に認定され、「日本三大清流」としても有名であり、水量が豊富なことや水質が良いことから、ウォーターサーバー用の飲料水などに使用されています。この柿田川湧水群で採水された水の特徴や、アクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む

忍野八海(おしのはっかい)

忍野八海は、富士山の伏流水を水源とする8つの泉です。富士信仰の霊場としても名高く、神秘的で美しい景観は人気の観光スポットとなっています。ここでは忍野八海の詳細や近くの観光スポットについてご紹介していきます。

記事を読む

竜ヶ窪の水 (りゅうがくぼのみず)

おいしい水が豊富と言われる米どころ新潟には、名水と呼ばれる湧き水を飲むことができる場所が多くあり、地元の人だけでなく観光客なども多く訪れています。 決して水が濁ることがないとも言われる竜ヶ窪の水は、そんな名水が多い新潟の中でも非常に人気の高い水です。 今回は、竜ヶ窪の水について紹介します。

記事を読む

黒部川扇状地湧水群(くろべがわせんじょうちゆうすいぐん)

3000m級の北アルプス山脈が連なる富山県は、湧水の豊富な地域であるため「水の王国」と呼ばれています。中でも黒部川扇状地湧水は、おいしく良質な湧水として、産業や地域住民の生活を支えています。 ここでは、この黒部川扇状地湧水の成分やアクセス情報などについて紹介していきます。

記事を読む

杜々の森湧水(とどのもりゆうすい)

杜々の森湧水(とどのもりゆうすい)は、昔から飲料水や灌漑用水として地域住民の生活を支えてきました。現在も雪国・新潟の融雪に使われるなど、地域に密着して活用されています。ここでは、聖域の湧水杜々の森湧水の特徴と、湧水地周辺の観光スポットなどをご紹介します。

記事を読む