忍草浅間神社

スポンサーリンク
忍草浅間神社
評価はまだありません。
Please wait...

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

忍草浅間神社とは?

伝統のある歴史的な神社

忍草浅間神社は大同2年(西暦807年)に創建された伝統のある歴史的な神社です。

桧皮葺屋根・三間社流れ造りの本殿は村指定重要文化財に指定されていて、本殿には、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)・鷹飼(たかがい)・犬飼(いぬかい)坐像の三神像が祀られています。

正和4年(西暦1315年)にヒノキの一本造りでつくられた、山梨県内で最古の貴重なご神像と言われています。
他にも、鎌倉期の代表的な彫刻師である運慶の作と伝えられている金剛力士像があります。

神社の祭神は木花咲耶姫命、天津日高日子番能邇邇芸尊(あまつひだかひこほほでみににぎのみこと)、大山津見命(おおやまつみのみこと)の三神です。

-引用-

忍草浅間神社 | 忍野村観光サイト

[ad#report-1]

評価はまだありません。
Please wait...
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Loading Facebook Comments ...