川合玉堂

スポンサーリンク
川合玉堂
評価はまだありません。
Please wait...

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

川合玉堂とは?

明治期から昭和期にかけて活躍した日本画家

川合玉堂(かわい ぎょくどう、本名:川合 芳三郎(かわい よしさぶろう)、1873年(明治6年)11月24日 – 1957年(昭和32年)6月30日)は、日本の明治期から昭和期にかけて活躍した日本画家です。

日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意としていました。
川合玉堂には長野草風、池田輝方、池田蕉園、松本姿水、山内多門ら多くの門人がいた。

-引用-

川合玉堂 WIKIPEDIA

[ad#report-1]

評価はまだありません。
Please wait...
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Loading Facebook Comments ...