広瀬川(ひろせがわ)

スポンサーリンク
広瀬川 - 宮城県仙台市

広瀬川は、仙台市街地の中心部を流れる都市河川でありながら、美しい景観を残しており、多くの貴重な動植物の生息空間にもなっています。ここでは、仙台市のシンボルとして人々に愛されているこの名水の特徴や周辺の観光地などについてご紹介します。

どこで採水されている?

広瀬川は、渓流、渓谷美、淵、浅瀬など、豊かな自然風景に加えて鮎漁などを通じた、地元市民の生活文化と密着していることが評価され、昭和60年(1985年)に名水百選に選定されました。採水地は、青葉区の桜ケ岡公園にあります。

広瀬川は仙台市の中心部を抜けると名取川と合流し、太平洋に注ぎます。市街地が広がる河岸段丘の段丘面と川面との間には数十メートルの高低差があり、この段丘崖のため、両岸に自然が多く残されているのがこの川の特徴です。初夏には鮎釣り、秋には芋煮会と、市民が川面や河原まで降りて行きレジャーを楽しく姿が見られ、仙台七夕花火祭や広瀬川灯ろう流しなど祭りの会場にもなっています。

採水地へは、JR東北新幹線「仙台駅」で下車して徒歩約30分、または、JR東北本線「仙台駅」で下車して、仙台駅前より市営バス710〜720系統に乗り、「博物館・国際センター前」で下車します。

名水の由来

広瀬川 名水の由来
広瀬川 名水の由来

広瀬川は、浅瀬がどこまでも広がっており、「歩いても向かい側に渡れる」ということから「広瀬川」と名付けられたと言われています。

仙台の中心市街地を形成している河岸段丘は、広瀬川の河道変遷により形成されたもので、広瀬川の特徴である自然崖もこのような過程を経て形成されました。戦国時代の碧眼の名将伊達正宗は、広瀬川の自然崖を天然の要塞としてみたてて、1601年に広瀬川を見下ろす青葉山に仙台城を建立したとされています。仙台の街は、伊達正宗の時代から広瀬川を要として形成されてきました。多くの淵には逸話が語り継がれており、戦国時代からの歴史を感じさせます。水質保全のため、仙台市は「広瀬川の清流を守る条例」を制定しています。

ミネラル含有量と味わい

広瀬川 ミネラル含有量と味わい
広瀬川 ミネラル含有量と味わい

広瀬川は、1960年代の護岸工事によって水質が悪化しましたが、その後の努力の甲斐あって、大都市を流れる河川としては良好な水質を保っています。

硬度0.9mg/Lの軟水で、pH値は7.3です。いまだに持ち帰りは認められておらず、飲み水としては適さない状態が続いていますが、工業用水や農業用水としては利用されています。伏流水はウイスキー作り等にも使用されており、すっとした口当たりが特長です。

採水地周辺の観光地

広瀬川 灯ろう流し
広瀬川 灯ろう流し

5月のゴールデンウィークには、宮沢緑地で「広瀬川で遊ぼう」が行われ、家族連れで広瀬川に親しめる催し物が楽しめるほか、8月に行われる、仙台市恒例の「七夕まつり」の前夜祭「七夕花火大会」では、広瀬川の河川敷から打ち上げられる12,000発もの花火が見どころです。さらに、8月中旬には、宮沢橋から広瀬橋間で広瀬川灯ろう流しが行われるなど、広瀬川では多くのイベントが開催されます。

伊達62万石の居城である仙台城(青葉城)は、標高約130メートルの東と南を断崖が固める天然の要塞に築かれた城です。平成15年(2003年)に、国の史跡指定を受けました。政宗公騎馬像の前に立てば、天下取りの野望に燃えた政宗公と同じ視線で市街を展望できます。城は残されていませんが、青葉城資料展示館では、コンピューターグラフィックスによる青葉城復原映像などが見られます。

広瀬川の口コミ

市街地で流れる川で鮭を見られるのは珍しいですね。

紅葉シーズンには近くを散歩する人も増えるそうです。

遠くに見えるのは鉄道橋。電車からもこの景色を見ることができます。

広瀬川の風景

おはよーございます🎵 #仙台 #dogs #チワックス #広瀬川

Teruo Shigaさん(@shigateru)が投稿した写真 –

地元民に愛される散歩コース。晴れた日は家族連れや犬を連れた人達が多く見られます。

12月開通予定の仙台地下鉄東西線。 #仙台#地下鉄#広瀬川#青葉山#夕陽#紅葉#やっぱり仙台はいい街

Minoru Kimuraさん(@keyes.keyes83)が投稿した写真 –

地下鉄東西線が開業されると、国際センター駅と大町西公園間で広瀬川が見られます。

透き通ったキレイな広瀬川には魚がたくさん泳いでいます。

アクセスマップ

どこで購入できる?

ミネラルウォーターとしての販売は行われていません。

おわりに

荒々しい自然崖と豊かな河岸の緑が調和する、渓谷さながらの美しい景観が残る広瀬川には、清流にしか棲まないアユやカジカガエルが見られるほか、カワセミやヤマセミなど、百種類を超える野鳥も確認されています。市街地を流れているため、アクセスも抜群の名水地です。

参考サイト

広瀬川 Wikipedia

広瀬川ホームページ

仙台市ホームページ

日本名水百選

あわせて読みたい

  • 四万十川(しまんとがわ) 高知県西部を流れる四万十川は、四国カルスト県立自然公園の高峰で標高1336メートルの不入山(いらずやま)を源流とする一級河川で、 […]
  • 木曽川(きそがわ) みなさんは、名水百選にも選ばれた「木曽川」の水をご存知でしょうか。ここでは、木曽川の水の成分や由来、周辺の観光地などをご紹介しま […]
  • 布引渓流(ぬのびきけいりゅう) 布引渓流は、竜神伝説などの神秘的な逸話も多く残されている有名な景勝地です。多くの水生生物も存在し、日本古来の自然を色濃く残してい […]
  • 白山川 (はくさんがわ) 大分県の南部に位置している豊後大野市。この街には現在でも豊富な自然が残されており、特にゲンジボタルの生息地として知られています。 […]
  • 御岳渓流(みたけけいりゅう) 東京と言えば高層ビルやマンションなどを思い浮かべる方が多くいますが、東京にも自然が残されている地域は数多くあります。御岳渓谷はそ […]
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク