離宮の水 (りきゅうのみず)

スポンサーリンク
離宮の水 - 大阪府三島郡島本町広瀬

大都市は地方に比べて自然が少ないため、名水地はあまり多くない傾向が見られます。しかし、中には大都市であっても、古くから名水地として認識されている場所があります。離宮の水もそのひとつであり、昔からお酒などの仕込み水として使用されています。

ここでは、離宮の水の特徴やアクセス情報について紹介していきます。

どこで採水されている?

離宮の水は、大阪府で唯一「名水100選」に選ばれた名水です。採水地は大阪府三島郡島本町の水無瀬離宮此で、地下から水をくみ上げています。

阪急京都線の水無瀬駅や、JR東海道本線の山崎駅が最寄り駅であり、両駅から徒歩10分ほどで向かうことができます。また、交通手段として自動車を選ぶ場合も、名神高速道路大山崎ICから10分ほどで行ける場所です。このアクセスの良さもあり、特に休日には、離宮の水を求める多くの参拝客が水無瀬離宮此を訪れています。

名水の由来

離宮の水-名水の由来
離宮の水-名水の由来

離宮の水は採水地が水無瀬離宮此にあるため、この名がつけられました。かつては神聖な井戸水として扱われていましたが、茶道の歴史が始まってからは茶の湯としても使用されるようになりました。水量、水質ともに現代でも良好な状態にあります。

平成4年には、離宮の水を維持するために「離宮の水保存会」が発足しました。離宮の水保存会は定期的に水質や水量をチェックしており、採水地周辺の清掃活動などを行うことによって環境を守っています。

ミネラル含有量と味わい

離宮の水-ミネラル含有量と味わい
離宮の水-ミネラル含有量と味わい

離宮の水に含まれるミネラル分は、1リットルあたり約87mgです。日本の名水の中では比較的硬度が高めですが、分類としては軟水にあたります。

細かいミネラル成分の含有量については明らかにされていませんが、水温も約16度から20度と一年中飲用に適した温度であるため、日本人にとっては飲みやすい名水です。

採水地周辺の観光地

離宮の水-採水地周辺の観光地
離宮の水-採水地周辺の観光地

離宮の水の採水地周辺には、歴史に関する観光スポットが点在しています。なかでも多いのは、交野天神社や呉服神社などの神社であり、初詣の時期には多くの参拝客でにぎわいます。

また、水無瀬離宮此周辺は比較的自然も豊かであることから、紅葉の名所やゴルフコースなども見られます。中でも神峯山寺は、境内の高低差によって秋には綺麗な紅葉のグラデーションを見ることができ、大阪の隠れた紅葉スポットとして人気を博しています。

離宮の水の口コミ

連日朝から地元の人が離宮の水を求めて神社にやってきます。大阪で唯一名水百選に選ばれているせいか、行列だそうです。

水無瀬駅から向かう方がやや近いそうです。

水無瀬川の伏流水を原水としていて、井戸からくみ上げられているそうです。

離宮の水の風景

水無瀬神宮
水無瀬神宮
水無瀬神宮
出典:FLICKR

後手に手水舎があるのですが、ポリタンクを持って多くの方がここから水を汲んでいきます。

水無瀬神宮
水無瀬神宮
水無瀬神宮
出典:FLICKR

秋の紅葉は、もみじが真っ赤に色づきワクワクとさせます。

水無瀬神宮
水無瀬神宮
水無瀬神宮
出典:FLICKR

石川五右衛門が水無瀬神宮にある名刀を盗もうやってきたときに、つけたとされる手形を見ることができます。

手前が手水舎で、奥にあるのが蛇口です。水を汲みやすすいように、列をなしていますね。

水無瀬神宮に、お水汲みに行きました(^-^) #水無瀬神宮 #離宮の水 #水

🌸mamiさん(@mametarowcc)が投稿した写真 –

飲んだ方の感想が「甘くて美味しい」とのこと。一度は飲んでみたいです。

水無瀬神宮の近くにサントリーの山崎蒸留所もあり、サントリーで使用されているお水もこの辺りの湧き水を使用しているとのことです。

アクセスマップ

どこで購入できる?

離宮の水は採水地に向かえば現地で飲用することが可能です。また、ペットボトルなどを持っていけば水を持ち帰ることもできます。ただし、資源保全のために持ち帰りはひとりペットボトル3本までと制限されています。

離宮の水の採水地には水汲み場が設置されており、毎日多くの参拝客がこの水を求めて訪れますが、水汲み場の利用は朝6時から17時までに限定されています。お出かけの際には時間をしっかりとチェックしておきましょう。

また、離宮の水はウォーターサーバー用の水としても使用されています。特定のウォーターサーバーをレンタルすることによって、離宮の水を定期的に購入することができます。

インターネット通販では、離宮の水が単体で販売されているケースはあまり見られません。ただし、離宮の水は市販されているお酒の仕込み水などとしても使用されているため、興味を持った方はそのような商品にも着目してみてはいかがでしょうか。

おわりに

ここまで、大阪府内に存在する離宮の水について紹介してきました。現代でも離宮の水を飲用することができるのは、離宮の水保存会の方々の努力が続けられているためです。少しでも長く離宮の水の水質を守れるように、利用する際にはマナーをしっかりと守るように心がけましょう。

参考サイト

水無瀬神宮 – Wikipedia

離宮の水|島本町ホームページ

日本名水百選

あわせて読みたい

  • 磯清水(いそしみず) 国産、海外産のさまざまなミネラルウォーターが販売されていますが、ここでは京都の名水百選にも選ばれている、近畿の名水磯清水に注目し […]
  • 宮水(みやみず) 宮水(みやみず)は「灘の生一本」で知られる日本酒の生産地、灘五郷の酒造に欠かせない名水として知られています。ここでは、宮水の特徴 […]
  • 不老水(ふろうすい) 日本には日本3大名水と呼ばれている名水があり、福岡県の不老水はその中に含まれています。不老水は古くから水質の良さが評価されており […]
  • 伏見の御香水(ふしみのごこうすい) 豊臣秀吉や徳川家康など、名の知られた歴史上の人物とも所縁が深い京都府伏見の御香宮神社。御香宮神社は歴史を感じられる見た目も魅力的 […]
  • 島原湧水群(しまばらゆうすいぐん) 島原湧水群(しまばらゆうすいぐん)とは長崎県島原市(しまばらし)一帯に点在している50カ所にものぼる湧水地の総称です。ここでは、 […]
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク