箱島湧水(はこしまゆうすい)

スポンサーリンク
箱島湧水

箱島湧水(はこしまゆうすい)は、箱島不動尊(箱島不動堂)の脇に立つ樹齢500年とも言われる大杉の根本から湧き出す名水です。ここでは、この名水にまつわる伝説や水の特徴、周辺の観光地などについてご紹介します。

どこで採水されている?

箱島湧水は群馬県吾妻郡東吾妻町にあり、昭和60年(1985年)に名水百選に選ばれています。湧水量は1日3万トンもあり、榛名湖(はるなこ)の水が湧出するものと伝えられています。

湧き出した水は高さ12m・幅7mの山雀(やまがら)の瀑と呼ばれる滝となって流れ落ち、鳴沢川(なるさわがわ)となって、飲料水、農業用水、養鱒場用水、県水産試験場用水として利用されています。

採水地へはJR吾妻線小野上駅で下車して徒歩30分で訪れることができます。車で訪れる場合は、群馬県道35号渋川東吾妻線より700m先にある駐車場を利用し、そこから200mほど歩くと到着です。

名水の由来

箱島湧水 名水の由来
箱島湧水 名水の由来

この地には、その昔、原町の善導寺にいた第二世「円光上人」という人物と、その母親である木部宮内少輔の「北の方」にまつわる伝説があります。円光上人の元へ訪れた北の方が追われる身だとは知らずに、円光上人は北の方に何気なく別れを告げました。北の方は「息子に会えてもう思い残すことはない」と榛名湖へ向かい、侍女とともに入水して果ててしまい、今生の別れとなってしまいました。その後、榛名湖には大蛇が棲むという話が広まり、大蛇は北の方の化身だとうわさされるようになっていました。そこで、供養のために、北の方の位牌を榛名湖へ沈めたところ、その位牌が箱島の湧水から出てきたという話です。不動尊には、湖より流れ着いたという木部の位牌が今も納められています。

ミネラル含有量と味わい

箱島湧水 ミネラル含有量と味わい
箱島湧水 ミネラル含有量と味わい

水温は通年約13度、硬度は55.0mg/Lの真水に近い成分の超軟水です。水質がよく、現地での飲用も持ち帰りもできます。1Lあたりのマグネシウムは3.7mg、カルシウムが15.5mg、天然炭酸8.4mg、pH値は7.4です。

成分表(1L)

pH値 7.4
カルシウム 15.5mg
マグネシウム 3.7mg
カリウム
ナトリウム

採水地周辺の観光地

吾妻峡
吾妻峡

採水地のある箱島不動尊では、3月の第3土曜日に祭りが開催されます。また、6月中旬から8月上旬頃まで、箱島湧水の下流付近では多くのホタルが観賞できます。今では見ることが少なくなったゲンジボタルやヘイケボタルが夏の夜空を飛び交う、幻想的な様子を楽しめます。

「吾妻峡」は、東吾妻町を流れる吾妻川に架かる雁ガ沢橋から八ッ場大橋までの約3.5キロメートルにわたる渓谷で、昭和10年(1935年)に国の名勝に指定されました。「関東の耶馬渓」とも呼ばれ、歌人若山牧水もこの地の美しさを絶賛する歌を残しています。歩いて片道約40分の家族向きのハイキングコースがあり、ミツバツツジの咲く4月中旬、また新緑の生い茂る5月、そして紅葉を楽しめる10月下旬から11月上旬にかけてが最高のシーズンです。

岩櫃山(いわびつやま)は標高802mの岩山で、切り立った山の姿は一見の価値ありといえます。山頂まで登ると、眼下には市街地、眼前には上州の山々が広がる絶景が見られ、天気の良い日には遠くに富士山も望めます。

箱島湧水の口コミ

緑豊かな自然の景色に癒やされます。

近年ではほとんど見ることのできなくなったゲンジボタルやヘイケボタルが、箱島湧水では見られるそうです。

勢いがあってかなりの水量ですが、ぜんぶ湧水です。

箱島湧水の風景

飲み放題٩( ᐛ )و✨  #箱島湧水
飲み放題٩( ᐛ )و✨ #箱島湧水
飲み放題٩( ᐛ )و✨ #箱島湧水
出典:FLICKR

とても澄んだ水が勢い良く湧き出しています。

箱島湧水
箱島湧水
箱島湧水
出典:FLICKR

水だけでなく空気も美味しい場所です。

箱島湧水
箱島湧水
木の根元から水が湧き出すことで有名なところ。 榛名湖の水がながれてきているとか。
出典:FLICKR

森林のマイナスイオンたっぷり。深呼吸したくなりますね。

美味しかった〜✧ ちめたかった〜✧ #箱島湧水 #冷やり #美

yocchiさん(@happypaint.yocchi)が投稿した写真 –

水が豪快に流れています。湧水の近くはとても涼しく夏には快適です。

涼✧ #箱島湧水 #日本名水百選 #癒

yocchiさん(@happypaint.yocchi)が投稿した写真 –

杉の枯木の根本から湧いた水が滝のように流れ落ちています。

昔がこの水量を利用して水力発電があったそうです。

アクセスマップ

どこで購入できる?

箱島湧水は小売店にてペットボトルで販売されているほか、ウォーターサーバー用の水としても流通しています。35L入りと5L入りがあり、1ケース2本入りから購入が可能です。また、醸造水として箱島湧水を用いた日本酒も市販されています。

おわりに

地元住民による箱島湧水の水質保全はもとより、流出先である鳴沢川の保全活動も積極的に行われています。ホタルが生息していることからも、箱島湧水の水質が良好であることがうかがえます。

参考サイト

箱島湧水 wikipedia

全国観るなび

日本名水百選

あわせて読みたい

いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク