洒水の滝・滝沢川(しゃすいのたき・たきざわがわ)

スポンサーリンク
洒水の滝・滝沢川
評価はまだありません。
Please wait...

洒水の滝(しゃすいのたき)は、神奈川県を流れる滝沢川(たきざわがわ)にある滝です。最寄駅から滝まではハイキングコースになっており、この関東の名瀑の景観と湧出る清水を求める多くの人が訪れます。ここでは、洒水の滝・滝沢川の名水や周辺の観光地などについてご紹介します。

どこで採水されている?

洒水の滝は、神奈川県足柄上郡を流れる滝沢川にある滝で、洒水の滝・滝沢川として昭和60年(1985年)に名水百選に選定されました。また、日本の滝百選」、「かながわの景勝50選」、「かながわ未来遺産100」にも選ばれています。

水源から滝に至る途中に伏流水が引かれた採水場があり、持参の容器に湧水を汲めます。

採水地へは、JR御殿場線山北駅で下車して徒歩約40分で訪れることができます。車の場合は、東名高速道路大井松田ICから国道246号を御殿場方面へ20分程走らせると到着します。

名水の由来

洒水の滝・滝沢川 名水の由来
洒水の滝・滝沢川 名水の由来

一般の観光客が見られるのは一の滝のみですが、洒水の滝は三段で構成されています。一の滝は69m、二の滝は16m、三の滝は29mの落差があり、計114mの高さを流れ落ちています。

新編相模国風土記稿(しんぺんさがみのくにふどきこう)では、「蛇水の滝」と記されており、当時より相模国の最大の滝であったようです。

また、この滝は鎌倉時代初期に名僧文覚が開いた修行場としても知られています。文覚は100日間も滝に打たれる荒行を積んだと言われており、滝の手前には文覚が安置したとされる不動明王を安置する「洒水の滝不動尊常実坊(穴不動)」があります。

ミネラル含有量と味わい

洒水の滝・滝沢川 ミネラル含有量と味わい
洒水の滝・滝沢川 ミネラル含有量と味わい

滝沢川の水は地域住民の生活用水にも使われており、1年を通して水質も水量も良好な状態を保っています。年間を通して水温は21.0度、硬度は58.0mg/Lの軟水で、カルシウムイオン、重炭素イオン、硝酸イオンが豊富です。採水場で採水した水は、お茶や炊飯など、さまざまな用途に用いられているようです。

採水地周辺の観光地

洒水の滝・滝沢川
洒水の滝・滝沢川

毎年7月の第4日曜日には「洒水の滝祭り」が開催され、水行や常実坊境内での火祭り、洒水太鼓の演奏が行われるほか、採水地のある足柄上郡山北町には多くの観光スポットが存在します。

丹沢湖は昭和53年(1978年)に建設された三保ダムのためにできた人造湖で、ボートやカヌー、釣りなどが楽しめます。湖の周辺には丹沢湖記念館や丹沢湖ビジターセンターがあり、紅葉の盛りの丹沢湖の周囲を駆け抜ける丹沢湖マラソンは有名です。3km、6km、10km、ハーフマラソンの4つのコースが用意されており、毎年4000人のランナーが集まります。天気がよければ富士山も望め、参加者全員に名物「しし汁」が振舞われるほか、中川温泉の割引券も配布されるため、レースの後に「武田信玄の隠し湯」を訪れる参加者も少なくありません。

中川温泉は、およそ400年前に、武田信玄が傷病兵を入浴療養させたと伝えられていることから「信玄のかくし湯」と呼ばれています。温泉の泉質は水酸化物イオンの濃度の高さが特徴で、胃腸病や切り傷の回復に効用がある単純アルカリ性泉です。

町内には、温泉宿だけではなく、豊かな自然を求めて集まる県内外からの観光客のために多くのキャンプ場もあります。

また、高さ45m、根廻りは18mもある箒杉は全国名木百選に選定されています。樹齢2000年ともいわれる古代杉で、国の天然記念物です。

洒水の滝・滝沢川の口コミ

赤い橋まで行けないので遠くから眺める感じ。途中の川で水に足をつけられる所がある。
出典:google+

滝までの距離がありますが、迫力が感じられるようです。

脚を踏み入れた途端マイナスイオンやばかった♪ また行きたい場所
出典:google+

暑い夏でも清涼感があり涼しく感じられます。

美しい滝です。落差、水量ともに十分で迫力もあります。手前にある赤い橋も風情を醸し出しておりとても良かったです。
出典:google+

滝壺までは近づけないですが、小さな橋には趣があります。

風情があり、見応えのある滝ですね。

空気が綺麗で緑も多く、マイナスイオンがたっぷりです。

綺麗な景色と滝の流れる音に癒やされます。

洒水の滝・滝沢川の風景

#洒水の滝 #滝 #waterhole

skysea64さん(@skysea64)が投稿した写真 –

水を汲める場所があるので、ペットボトルなどを持参する観光客もたくさん訪れます。

紅葉の季節にはこのような絶景を見ることができます。

滝の前の赤い橋がとても絵になりますね。

アクセスマップ

どこで購入できる?

残念ながら、ミネラルウォーターなどとしての市販はされていないようです。

おわりに

滝沢川沿いに設けられた遊歩道からは、横に滝の豪快な全景が見られます。採水がてらハイキングコースを散策すれば、周囲の豊かな自然が満喫できることでしょう。

参考サイト

洒水の滝 wikipedia

山北町ホームページ

日本名水百選

評価はまだありません。
Please wait...
Loading Facebook Comments ...