うちぬき

スポンサーリンク
うちぬき - 愛媛県西条市神拝甲

健康や美容への意識が高まる中、安全で体によく、おいしい水を飲みたいというニーズが増えています。

ここでは、名水の宝庫として知られる四国の愛媛県から、「うちぬき」をご紹介します。

どこで採水されている?

西条市の名水「うちぬき」は、西日本最高峰である石鎚山系から流れ出した加茂川の伏流水で、地下にパイプを打ち込むと地下水が吹き出す自噴井(じふんせい)です。西条市一帯は、広大な自噴地帯を形成しており、市内には約2000ヶ所以上の「うちぬき」があり、自噴量は、一日で9万立方mにもなります。

瀬戸内に面した西条市は、平野部では年間降雨量が少ないのですが、山間部に降った雨が伏流水として集まる絶好の地形であることから、全国でも稀な自噴地帯が広がっているのです。市民を支えてきたその清冽な命の水は、日本の名水100選にも選ばれています。

市内各地にある「うちぬき」を味わうスポットをいくつかご紹介しましょう。

  1. 加茂川右岸
    • JR伊予西条駅:駅の下り線プラットフォームと、駅前のバス停車場付近に水のみ場があります。
    • 総合文化会館西側:駅から歩いて10分ほどで、木の柱と屋根がついた水のみ場です。
    • うちぬき広場:市役所の南側にある広場で、名水100選を記念した石碑と「うちぬき」があり、平成7年(1995年)に「おいしい水」全国大会で日本一になった水が飲めます。
    • 弘法水:本陣川が海に注ぐところにあり、海から湧き出る弘法大師ゆかりの清水です。
    • 街路古川玉津橋線:うちぬき広場近くの街路の歩道に「水の都」のモニュメントと水のみ場があります。
  2. 加茂川左岸
    • うちぬき公園:平成2年に整備された公園で、平日でも水を汲む人でにぎわいます。
    • 嘉母(かも)神社:加茂川河口近く、天明2年(1782年)創建の産土神を祀る神社の手洗い水です。この水は平成8年(1996年)の「全国利き水大会」で日本一になった名水としても知られ、水を汲みに訪れる人が絶えません。

名水の由来

うちぬき-名水の由来
うちぬき-名水の由来

「うちぬき」が考案されたのは江戸時代だといわれています。人力によって鉄の棒を地面に打ち込み、その中に節をきれいにくり抜いた竹を入れて、自噴井をつくりました。このやりかたは、昭和20年頃まで行われていたそうです。

本陣川河口の弘法水は、弘法大師が四国を巡っていた弘法大師が1人の老婆に水を飲ませてもらった際に、海の近くで清水が乏しく、遠方から水を汲んできたことを知り、杖の先で大地を突いて清水を湧き出させたという由来があります。

ミネラル含有量と味わい

うちぬき-ミネラル含有量と味わい
うちぬき-ミネラル含有量と味わい

伏流水である「うちぬき」は、年間の水温が13度ほどに保たれています。1L中に含まれる成分量は、カルシウム3.4mg、マグネシウム2.7mg、ナトリウム10.4mgなどで、pH値は7.8と弱アルカリ性です。カルシウムやマグネシウムが少ないため、まろやかな甘味がある一方、豊富なナトリウムが味に重量感をあたえるため、こくがあるおいしさを引き出すと考えられます。バランスの取れたおいしい軟水です。

成分表(1L)

pH値 7.8
カルシウム 3.4mg
マグネシウム 2.7mg
ナトリウム 10.4mg

採水地周辺の観光地

うちぬき-採水地周辺の観光地
うちぬき-採水地周辺の観光地

観音水から湧き出し、陣屋跡のお堀へと市内中心部を流れるアクアトピア水系に整備された公園で、水辺の散歩を楽しむことができます。ホタルの里や親水デッキ、水舞台や噴水などがあります。また、城下町として栄えた面影を残す陣屋跡のお堀には、色とりどりの鯉のほか、天然の鮎も生息しています。水辺を彩る四季折々の花が美しい市民の憩いの場です。

うちぬきの口コミ

自然豊かな町で、おいしい水出しコーヒー飲んでみたい。モーニングセットも気になる。

立派な石碑は、思い出に残ります。

あの大人気くまもんも訪れているうちぬき。さすが名水百選に選ばれるだけありますね。

うちぬきの風景

市内のあちこちに湧水が。

marukoさん(@cocolo_madoka)が投稿した写真 –

つつじも綺麗に咲いています。のどかですね~。

めっちゃ水きれい💧💦 #うちぬき#湧き水#西条#石鎚の水

omaoma!?さん(@hiroharohiro)が投稿した写真 –

鯉がハッキリ見えて、お水の透明度が高いことが伺えます。

香川県にも水をください💦💧 #うちぬき#西条#湧き水

omaoma!?さん(@hiroharohiro)が投稿した写真 –

自噴井、迫力満点ですね。

アクセスマップ

どこで購入できる?

以前は「石鎚山のおいしい水」というペットボトル入りの商品がありましたが、現在は作られていないため、ネットや直販店などで水を購入することはできません。

おわりに

名水100選であると同時に、おいしい水としての評価も高い西条市の「うちぬき」についてご紹介しました。興味のある方は、西条市に旅して、市内各所の自噴井を味わってみてください。

参考サイト

うちぬき Wikipedia

西条市 公式サイト

日本名水百選

あわせて読みたい

  • 湯船の水(ゆぶねのみず) 香川県には小豆島と呼ばれている島がありますが、この小豆島に存在する湯船の水は名水として知られています。湯船の水は地域住民の貴重な […]
  • 竜門の清水(りゅうもんのせいすい) 竜門の清水(りゅうもんのせいすい)は、清水を抱く原生林と合わせてその価値の高さが全国に認められています。ここでは、有田焼の里に流 […]
  • 布引渓流(ぬのびきけいりゅう) 布引渓流は、竜神伝説などの神秘的な逸話も多く残されている有名な景勝地です。多くの水生生物も存在し、日本古来の自然を色濃く残してい […]
  • 富田の清水(とみたのしつこ ) 富田の清水(とみたのしつこ)は、青森県弘前市紙漉町にある湧水です。古くから地元民に親しまれ、現在は生活用水として利用されています […]
  • 野中の清水(のなかのしみず) 野中の清水(のなかのしみず)は「近畿の名水百選」に選ばれている湧水で、和歌山県田辺市中辺路町野中で湧き出しています。 ここでは […]
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク