白州 ・ 尾白川(はくしゅう・おじらがわ)

スポンサーリンク
白州 ・ 尾白川 - 山梨県北杜市白州町

山梨県北杜市(ほくとし)には日本名水百選に選ばれた湧水地が3か所もあります。ここでは、この中の一つである、白州・尾白川(おじらがわ)の名水をご紹介いたします。

どこで採水されている?

北杜市は甲府市の北西に位置し、長野県と境を接する山梨県最大の市です。八ヶ岳連峰、甲斐駒ヶ岳から連なる南アルプス、茅が岳、瑞牆山から続く秩父山地などの名だたる山々に囲まれた、市の76%が森林という壮大な景観と自然に恵まれた土地です。

尾白川は甲斐駒ヶ岳の七丈小屋上流、標高2300m付近から表流する沢を源流とし、竹宇駒ヶ岳神社のあたりから扇状地を形成して北杜市を流れ、やがて釜無川と合流して富士川となり太平洋に注ぐ一級河川です。

採水地のある上流の白州町にはウイスキーの蒸留所やミネラルウォーターの工場、日本酒の酒蔵などがあることからも、その地下には豊富な名水を有していることがうかがえます。

昭和60年(1985年)環境庁指定の日本名水百選に選ばれたこの地には、電車ではJR中央本線の日野春駅、長坂駅、小淵沢駅からタクシーでアクセスできます。

車の場合は中央自動車道で、東京方面からは須玉インターチェンジ、名古屋方面からは小淵沢インターチェンジからどちらも国道20号線で白州方面へ30分ほどです。尾白川渓谷の入り口には無料の駐車場があります。

名水の由来

白州・尾白川-名水の由来
白州・尾白川-名水の由来

古来より白州の山中に尾の白い神馬が住んでいたという言い伝えから尾白という名前が付けられたと言われています。この川の名水は古くから重用され、山梨銘醸の酒蔵が300年の伝統をもつことからもその利水の歴史の長さがわかります。

ミネラル含有量と味わい

白州・尾白川-ミネラル含有量と味わい
白州・尾白川-ミネラル含有量と味わい

「白州・尾白川の自然水」は、白州町にある深井戸から汲み上げられた、ほのかな甘みを感じるまろやかな口当たりが特徴の1Lあたり硬度16.1mgの軟水です。pH値7.2で、主な含有成分は、カルシウム4.3mg、マグネシウム1.3mg、カリウム0.7mg、ナトリウム5.5mgとなっています。

成分表(1L)

pH値 7.2
カルシウム 4.3mg
マグネシウム 1.3mg
カリウム 0.7mg
ナトリウム 5.5mg
硬度 16.1

採水地周辺の観光地

白州・尾白川-採水地周辺の観光地
白州・尾白川-採水地周辺の観光地

尾白川渓谷には千ヶ淵、旭滝、百合ケ渕、神蛇滝(かみじゃだき)、不動滝といった名所が数多くあり、花崗岩とエメラルド色の清流が織りなす美しい景色が迎えてくれます。特に神蛇滝は釜を踊場にして3段に流れ落ちる美しい景観をもつ、渓谷の一番の見どころです。

町内のウイスキー蒸留所では工場見学や試飲ができるほか、隣接地にはウイスキー博物館もありその歴史や製造工程を学ぶこともできます。

この地の名水で仕込んだ銘酒「七賢」の山梨銘醸でも酒蔵見学や利き酒ができ、また併設の食事処「臺眠」(だいみん)では名水と地元の食材を使った料理が堪能できるほか、七賢の仕込み水をサービスしてもらえます。

そして、「白州・尾白の森、名水公園べるが」の総面積20haという広大な敷地には、川遊びができる尾白川堰堤やウォータースライダーや子ども向けの森の図書館、森林浴が心地よい散策路やドッグランなどがあり、一日中楽しめます。温泉や宿泊施設もあるため、周辺観光の拠点としてもお勧めです。

尾白川渓谷には1周4時間の遊歩道が整備されている他、甲斐駒ヶ岳の登山やトレッキング、キャンプに渓流釣りと、アウトドア派を飽きさせません。10月下旬から11月上旬の紅葉の季節には渓谷美と紅葉を堪能できます。

白州・尾白川の口コミ

真夏の暑さを忘れたければオススメですよ(^∇^)
出典:google+

大自然の中はいつも涼しくて気持ちの良い空気と時間が流れています。

甘い考えではたどり着けません。
出典:google+

しっかりとスニーカーで向かいましょう。

水も澄んでいて景色も本当に美しいです。

水面に映るグリーンも水草のグリーンもとても鮮やか。

山梨にお越しの際はぜひ足を運んでみてください。

白州・尾白川の風景

尾白川渓谷
尾白川渓谷
尾白川渓谷
出典:FLICKR

名水百選に入るだけ合って素晴らしい透明度。

尾白川渓谷 不動滝
尾白川渓谷 不動滝
尾白川渓谷 不動滝
出典:FLICKR

紅葉の季節は一段と美しいです。

尾白川渓谷
尾白川渓谷
尾白川渓谷
出典:FLICKR

大自然を感じられる尾白川渓谷。

見ているだけで大自然のパワーが充電されていきます。

美しい自然の産物です。

夏は川遊びもできますね。

アクセスマップ

どこで購入できる?

白州の水でもっとも有名な水と言えばサントリーの南アルプスの天然水ではないでしょうか。ペットボトルでもウォーターサーバーでも提供されています。 また、白州の水としても販売されています。山梨県の水は全国のミネラルウォーターの生産の70%ぐらい使われています。
失敗しないウォーターサーバー選び完全ガイド2017年7月【人気宅配水39社を比較】
ウォーターサーバー・宅配水に関する口コミを【口コミ1300件以上】掲載している日本最大級のウォーターサーバー比較サイトです。商品を徹底的に比較できる機能や、基礎知識・ジャンル別ランキング・比較表や料金シミュレーターで、失敗しないサーバー選びのお手伝いを致します。

おわりに

ここでは、白州・尾白川(おじらがわ)の名水についてご紹介しました。北杜市白州は澄んだ清流と大自然に囲まれた土地です。雄大な景色と繊細な名水をめぐる旅は素敵な思い出となるでしょう。

参考サイト

尾白川 Wikipedia

北杜市 公式サイト

日本名水百選

あわせて読みたい

  • 四万十川(しまんとがわ) 高知県西部を流れる四万十川は、四国カルスト県立自然公園の高峰で標高1336メートルの不入山(いらずやま)を源流とする一級河川で、 […]
  • 広瀬川(ひろせがわ) 広瀬川は、仙台市街地の中心部を流れる都市河川でありながら、美しい景観を残しており、多くの貴重な動植物の生息空間にもなっています。 […]
  • 木曽川(きそがわ) みなさんは、名水百選にも選ばれた「木曽川」の水をご存知でしょうか。ここでは、木曽川の水の成分や由来、周辺の観光地などをご紹介しま […]
  • 布引渓流(ぬのびきけいりゅう) 布引渓流は、竜神伝説などの神秘的な逸話も多く残されている有名な景勝地です。多くの水生生物も存在し、日本古来の自然を色濃く残してい […]
  • 白山川 (はくさんがわ) 大分県の南部に位置している豊後大野市。この街には現在でも豊富な自然が残されており、特にゲンジボタルの生息地として知られています。 […]
いいねをお願いしますm(_ _)m
この記事をお届けした
日本の名水100選の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク