長良川・中流域(ながらがわ・ちゅうりゅういき)

スポンサーリンク
長良川(中流域) - 岐阜県岐阜市長良福光

岐阜県にある長良川は、美しい清流の川として有名です。日本で唯一の御用鵜飼を行っている場所でもあり、毎年鵜飼を見物するために多くの観光客が訪れます。そんな長良川の名水をご紹介します。

どこで採水されている?

長良川は日本名水100選や日本の水浴場88選にも選ばれている、景色の美しい風光明媚な川です。そんな長良川の名水は岐阜県関市にある、洞戸と呼ばれる場所で採水されています。

洞戸に流れ込む水は高賀山で湧き出ている天然水で、1枚岩の間を蛇行するように流れる清らかな水を汲み上げて作られています。そのおいしさは6年連続でモンドセレクション金賞を受賞するほどです。

名水の由来

長良川(中流域)-名水の由来
長良川(中流域)-名水の由来

もともと宮水として利用されていた長良川の名水は、「ふくべの霊水」と呼ばれていました。高賀神社の氏子さんたちが参道脇を掘って井戸を作り、利用したのが始まりで、これを飲んだ人たちの反響が大きく、徐々に一般の人にも広まっていきました。

長良川の名水が爆発的に広まるきっかけになったのは、平成12年のオリンピックで金メダルを取った選手が長良川の名水を使用していたとマスコミで報道されたことでした。それ以来、ミネラルウオーターの注文が殺到し、「ふくべの霊水」を手に入れられる場所には連日多くの人が訪れ、ペットボトルなどに水を汲んでいくようになりました。

ミネラル含有量と味わい

長良川(中流域)-ミネラル含有量と味わい
長良川(中流域)-ミネラル含有量と味わい

長良川の名水は100ミリリットルあたりにカルシウムが1ミリグラム、マグネシウムが0.08ミリグラム含まれています。カリウムは0.05ミリグラム、ナトリウムは0.37ミリグラム含有しています。pH値は人の水分のpH値とほぼ同じ7.4です。そのため体内に吸収されやすく、体内のpH値のバランスを補正してくれます。

長良川の名水は1億年前の地層から湧き上がっており、非常にみずみずしいです。口当たりはまろやかで雑味がありません。

成分表(100mL)

pH値 7.4
カルシウム 1mg
マグネシウム 0.08mg
カリウム 0.05mg
ナトリウム 0.37mg

採水地周辺の観光地

長良川(中流域)-採水地周辺の観光地
長良川(中流域)-採水地周辺の観光地

長良川の名水が採水される周辺には、高賀神社や円空記念館といった観光スポットがあります。高賀神社は奈良時代に創立された由緒正しい神社で、この地を魔物から守っていると言われています。神社のすぐ近くには円空記念館が建っており、円空が作った仏像が多く展示されています。

また、名水を汲める高賀神水庵から高賀神社に向かう間の渓谷は、高賀渓谷と呼ばれる景勝地です。この渓谷は岩肌が白いのが特徴で、清流と呼ばれる長良川の透明度をより引き立てています。およそ数キロメートルにわたって、古来の自然が残る風景を楽しめます。

また、長良川では5月中旬から10月中旬にかけて鵜飼が行われており、観光船や橋、堤防などから鵜飼の風景が見られます。

長良川(中流域)の口コミ

鵜飼いで有名な川ですが、夏には花火もあがるそうですよ。

本当に綺麗な川は水が透き通っているのですね。

見晴らしの良い神社で清々しい気持ちになれそうです。

長良川(中流域)の風景

Cormorant fishing
Cormorant fishing
Cormorant fishing
出典:FLICKR

間近で見る鵜飼いは迫力満点ですね。貴重な体験だと思います。

長良川国際会議場からみた長良川
長良川国際会議場からみた長良川
長良川国際会議場からみた長良川
出典:FLICKR

土手が低く感じるため絵のように美しい景色ですね。

2013-07-15,長良川,岐阜市
2013-07-15,長良川,岐阜市
2013-07-15,長良川,岐阜市
出典:FLICKR

鵜飼いの船がレトロでかわいいですね。穏やかな川だということが伺えます。

川の真ん中から見る景色はまさに絶景です。

長良川のお水が綺麗過ぎて感動◡̈⃝⋆* * #みゅうジャパン#岐阜#AneCan#長良川

安座間美優(あざまみゅう)さん(@mew_azama)が投稿した写真 –

上から見ると透き通った川だということがよくわかります。

岐阜城から眺める長良川と町並みの一体感は本当に特別な景色といえます。

アクセスマップ

どこで購入できる?

長良川の名水は製造と販売を専門的に行っているメーカーがありますが、それ以外のお店でも購入できます。インターネットでのお取り寄せも可能です。製造工程では加熱処理をせずにフィルターを使って除菌しているため、地元で採水される水そのままのおいしさが自宅でも味わえます。ミネラルバランスもいい軟水で、赤ちゃんのミルクや料理などにも安心して利用できます。 ペットボトルは2リットル入りのもの、1リットル入りのもの、500ミリリットル入りのもの、350ミリリットル入りのものがあります。2リットルのものは6本、1リットルのものは12本、500ミリリットルと350ミリリットルのものは24本入りで販売されています。 5年間保存ができるものもあり、こちらは2リットル6本入りと500ミリリットル24本入りのセットで購入できます。

おわりに

全国的に知られている長良川の名水は口当たり柔らかな軟水です。高賀山から湧き出る1億年前の天然水のおいしさを味わってみましょう。

参考サイト

長良川中流域における岐阜の文化的景観 – 岐阜市ホームページへ

岐阜観光コンベンション協会

長良川 – Wikipedia

日本名水百選

あわせて読みたい

  • 四万十川(しまんとがわ) 高知県西部を流れる四万十川は、四国カルスト県立自然公園の高峰で標高1336メートルの不入山(いらずやま)を源流とする一級河川で、 […]
  • 広瀬川(ひろせがわ) 広瀬川は、仙台市街地の中心部を流れる都市河川でありながら、美しい景観を残しており、多くの貴重な動植物の生息空間にもなっています。 […]
  • 木曽川(きそがわ) みなさんは、名水百選にも選ばれた「木曽川」の水をご存知でしょうか。ここでは、木曽川の水の成分や由来、周辺の観光地などをご紹介しま […]
  • 布引渓流(ぬのびきけいりゅう) 布引渓流は、竜神伝説などの神秘的な逸話も多く残されている有名な景勝地です。多くの水生生物も存在し、日本古来の自然を色濃く残してい […]
  • 白山川 (はくさんがわ) 大分県の南部に位置している豊後大野市。この街には現在でも豊富な自然が残されており、特にゲンジボタルの生息地として知られています。 […]